適正在庫ソリューションAPIMを核に、統合的な技術・経営支援をご提供致します。

2018年6月8日開催  詳細・お申込み

2018年6月13日東京開催   詳細・お申込み

適正在庫算出サービス

季刊誌『波』のご紹介

適正在庫テクニック

適正在庫の
テクニック

勝呂隆男 著
日刊工業新聞社 刊
定価 2,000円(税別)
初版 2006年3月

詳細

適正在庫のマネジメント

適正在庫の
マネジメント

勝呂隆男 著
日刊工業新聞社 刊
定価 2,000円(税別)
初版 2005年1月

詳細

適正在庫の考え方・求め方

適正在庫の
考え方・求め方

勝呂隆男 著
日刊工業新聞社 刊
定価 1,900円(税別)
初版 2003年9月

詳細

適正在庫の定め方・活かし方

適正在庫の
定め方・活かし方

勝呂隆男 著
日刊工業新聞社 刊
定価 2,000円(税別)
初版 2014年11月

詳細


         




 

TAKAO SUGURO 
勝呂隆男              
すぐろ たかお               

○技術士(経営工学)  ○1991年TSCコンサルティング設立
○株式会社テクニカルソリューションズ代表取締役

適正在庫のパイオニア 。



 適正在庫の考え方・求め方  「在庫をどこまで減らせるかが分かる」 勝呂隆男 著 日刊工業新聞社 刊

適正在庫の考え方・求め方。出版以来増刷を重ねているロングセラーの本です(現在27刷)。生産管理や在庫管理の実務に携わる方々、ロジスティックやサプライチェーンの計画立案を担当される方々、経営者の方々に必須の知識を勉強したい方にも好適な1冊です。

本の詳細はこちらから   本のご購入はこちらから



トピックス
  • 2018年2月22日 日刊工業新聞にて「APIM de 発注点」が掲載されました。 詳細はこちら
  • 2017年度『品川区産業活性化支援事業』の新製品・新技術開発(ソフトウェア開発費)の助成対象にAPIM7が選出されました。
  • 【最新版】適正在庫算出ソフトAPIM7リリース記念講演会を4月5日に開催致しました。
  • 2017年4月5日 APIMユーザーと親交のあるアーティストの皆様をお招きして、目黒川APIM桜パーティーを開催致しました。
  • 2016年11月4日 APIM新バージョンAPIM62をリリースしました。生産量、調達量の大きさでリードタイムが異なる場合の適正在庫を計算する関数を追加し、更に需要頻度計算が不要になったことで計算精度を向上させました。
  • 2016年9月20日 新製品「発注点探索シミュレータ」を発表しました。発注点が簡単に求められるソフトウェアです。 詳細ページ
  • 技術(アート)と芸術(アート)を繋ぐ季刊誌『波』をお届けしています。
    3号は2016年8月8日発行致しました。季刊誌『波』のご紹介
  • 2016年5月19日 適正在庫理論の科学的基板となる「時間場の理論」の論文が日刊工業新聞社発行「工場管理」誌6月号に掲載されました。連載 適正在庫の広場 第57回 エウレカ!工学的時間論3
  • 2014年10月17日 『The Daily NNA タイ版 新聞』に、弊社・ARK・タイ新日鉄住金ソリューションズ共催セミナー「ASEAN経済の将来動向と一歩先を読んだ在庫管理」(タイ、バンコク)において、弊社代表勝呂隆男が基調講演を務めた模様が『生産管理に「緩さ」必要=適正在庫の勝呂氏』と題して報道されました。
  • 2014年9月29日『ASCII WEBマガジン』にサンコーインダストリー様のAPIM 導入事例が「70万点のねじの在庫管理から需要予測に進むサンコーの挑戦」と題して紹介されました。
    担当者の声「アイテム数が増えたにもかかわらず、欠品も44%減、在庫日数も7%減っているので、けっこう大きな効果を得られています」 ASCIIサイトへ
  • 2014年8月 ジェトロ(日本貿易振興機構)の海外進出支援対象企業に選ばれました。
  • 2014年8月 弊社代表勝呂隆男が、経済産業省委託 日本ロジスティクスシステム協会事業「次世代物流システム構築事業」コンソーシアム委員に委嘱されました。日本気象協会と協力して、APIM6の新機能「関連事象確率依存型需要予測」を活用し、近年精度向上の著しい気象予報情報を用いた新しい需要予測技術の実証実験を行います。
  • 弊社代表 勝呂隆男がAPIMの研究開発とその実践活動の功績により
    日本経営工学会特別賞(経営工学実践賞)を受賞 
    2006年6月
    日本経営工学会特別賞(経営工学実践賞)とは、2005年はPEC産業教育センターの山田日登志氏、2006年はトヨタ自動車技監の銀屋洋氏(勝呂と同時 受賞)が受賞されるなど、SCMやロジスティクス、IE等の経営工学分野での著しい実践成果を示した個人に送られる賞。特別賞(経営システム賞)はローラ ンドディー.ジー.の関伸一氏が受賞されている。
What's New
  • 2018.05.21 セミナー 第23回「適正在庫算出ソフトAPIM無料紹介セミナー」6月13日開催のお知らせ
  • 2018.05.18 セミナー 第27回「新!適正在庫の考え方・求め方セミナー」6月8日開催のお知らせ
  • 2018.05.01 他機関主催セミナー みずほ総合研究所主催セミナー 4月27日(金)開催いたしました。
  • 2018.05.01 他機関主催セミナー 日刊工業新聞主催4月18日(水)開催いたしました。
  • 2018.05.01 セミナー第22回「適正在庫算出ソフトAPIM無料紹介セミナー」5月22日開催のお知らせ
  • 2018.02.23 セミナー第20回「適正在庫算出ソフトAPIM無料紹介セミナー」3月20日開催のお知らせ
  • 2018.01.25  セミナー 第19回「適正在庫算出ソフトAPIM無料紹介セミナー」2月23日開催のお知らせ
  • 2018.01.12 セミナー 第23回「新!適正在庫の考え方・求め方セミナー」2月16日開催のお知らせ

過去ログを見る

PAGE TOP

入出庫履歴データだけで、適正在庫を計算可能 過去データ不要 適正在庫七つ道具